http://www.tomobiki.jp/

ストーリー

大学院に通う女子大生ヘジン(キム・ギュリ)の元に、大学時代のサークル仲間のソネ(チェ・ジョンユン)が2年ぶりに訊ねてくる。
アメリカに行ったきり、ずっと音信不通だったソネとの久々の再会に喜ぶヘジンだが、ソネは「ギョンアが私を狙ってるの」とひどく怯えてつぶやく。
ギョンアとは、大学時代に投身自殺した友人の名だった。2年前の大学時代に、ヘジンとソネ、野球部のスター選手でソネが密かに想いを寄せるヒョンジュン(ユ・ジテ)、卒業前に司法試験に合格した秀才でサークルのリーダー格・ジョンウク(ユ・ジュンサン)、映画監督を目指すセフン(チョン・ジュン)、ミス・キャンパスでサークルが誇るセクシー美女ミリョン(チョ・ヘヨン)の6人は“A Few Good Men”というサークルを結成。
そこに新入生のギョンア(ハ・ジウォン)が加わり、メンバーは7人となる。清楚で可憐なギョンアに、とたんに心奪われるヒョンジュン。しかし、ギョンアの周囲で不可思議な現象が続発し、サークル内はギクシャクし始める。 そんなとき、事件は起きた。サークルのメンバーでパーティを開いた晩、ギョンアが投身自殺したのだ。
その忌まわしい事件から2年。死んだギョンアが目の前に現れるはずがないと、ソネの必死の訴えにも取り合わないヘジンだったが、その恐怖はやがて現実のものとなる。
それぞれの生活を送っていたかつての仲間たちが、ひとり、またひとりと不可解な死を遂げていく。

おすすめ情報

[PR] 友達を紹介すればするほどポイントの還元率UP
[PR] ダイビング器材をお探しならこちら!

ページのトップへ戻る